一般社団法人
日本細胞生物学会Japan Society for Cell Biology

Vol.31 January - May (6) InaRISフェローシッププログラム(対象とする研究:生命)公募説明会

「InaRISフェローシッププログラム」は、基礎科学の研究者を長期的に応援し、さらには、将来的に日本の科学を牽引する人材の育成を支援することを目的とした研究助成で、選ばれた研究者に10年にわたり毎年1000万円、総額1億円を助成します。このたび、2021年度InaRISフェローシップの公募説明会を開催いたします。詳細につきましては、下記URLをご確認ください。

https://www.inamori-f.or.jp/inaris

対象とする研究

2021年度は『生命: 生物の「しなやかさ」と「したたかさ」』に関係する研究を対象とします。生物は「しなやかさ」と「したたかさ」を併せ持つシステムとして、環境に対応して 成長し、進化してきました。近年の生命科学は、生物学・医学・薬学・農学・工学に 加えて環境科学・情報科学などにも飛躍的な発展をもたらしました。この領域では、生物が持つ多様な能力の追求を通して生命科学を深化させる研究や、新たな学術の創生に向けた研究提案を対象とします。

申請者の資格

下記a.からd.の要件をすべて満たす方とします。
a.日本に居住し、公募説明会の案内を送付した大学・機関(*1)に所属し、常勤で雇用されていること。(*2)
b.独立研究者で、大学所属の場合は准教授以上とする。大学以外の所属の場合は上記に相当するものとする。
c.助成年度開始時に50歳以下であること。(2021年4月1日時点)
d.稲盛研究助成を受けている方は、その研究期間が2021年4月1日時点で残っていないこと。
(*1)本プログラムでは指定校制度を採用しています。申請を希望される方は、ご自身の 大学・研究機関が指定校に含まれるかについて、ご所属先にお問い合わせ下さい。
(*2)申請時および2021年度(2021年4月~2022年3月まで)に在籍していること。任期付きの職でも可。

採択人数と助成金額

採択人数は2名です。
フェローに選ばれた方には、研究費として毎年1,000万円を2030年度までの10年間にわたり助成します。また、毎年1,000万円の直接経費に加え、100万円を上限とする間接経費を研究機関に支払います。

説明会日程および申し込み方法

【東京】

日時:3月4日(水)14:00-15:00(13:30より受付開始)
場所:AP秋葉原
〒110-0006
東京都台東区秋葉原1-1 秋葉原ビジネスセンター

【京都】

日時:3月5日(木)13:00-14:00(12:30より受付開始)
場所:TKPガーデンシティ京都「山吹」
〒600-8216
京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町721-1 京都タワーホテル

お申し込みは、各会場における開催日2日前の午後5時までに、下記の参加登録フォーム事前にお申し込み下さい。

https://www.inamori-f.or.jp/2020/01/2021inaris_briefing

連絡先

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620番地
COCON烏丸 7F
公益財団法人 稲盛財団 助成部
TEL:075-353-7272
E-mail: inaris@inamori-f.or.jp
URL :www.inamori-f.or.jp

日本細胞生物学会賛助会員