一般社団法人
日本細胞生物学会Japan Society for Cell Biology

細胞生物学会画像1

日本細胞生物学会誌

The web site for "CSF"
-Cell Structure and Function-
published by "JSCB".
-Japan Society for Cell Biology-

第71回日本細胞生物学会大会(日本蛋白質科学会合同大会)


第70回大会ポスター

【日程】:2019年6月24日(月)~26日(水)
      前日23日(日)に若手の会を開催

【会場】:神戸国際会議場 等
【大会長】:遠藤斗志也(京都産業大学)
 一般演題投稿受付期間
   2019年2月1日(金)―2月22日(金)
   ※若手最優秀発表賞の受付は2月15日(金)まで
 事前参加登録受付期間
   2019年2月1日(金)―5月15日(水)


●大会前日開催「第5回細胞生物若手の会 第1回蛋白質科学会若手の会 合同交流会


  • 【日時】2019年6月23日(日)12:30~16:30
    【参加&発表登録締め切り】2019年5月15日(水)



  • News & Topics


    巻頭言

    巻頭言一覧はこちら
    • 基礎研究における目標?

      岸本 健雄(東京工業大学・大学院生命理工学研究科)

       5月になると,たまに思い出す光景がある。時はもう30年以上も昔の,1972年の5月20日過ぎ,場所は金沢八景,日産自動車追浜工場の外壁に沿った岸壁である。折りからのしょぼ降る小雨で,海は凪いではいるが濁り,油の帯が鈍く光って,犬の死骸が一匹浮いている。当時修士2年の学生であった私のいでたちは,海水パンツ姿で軍手をつけ,網の袋をぶらさげている。産卵期を迎えたイトマキヒトデの採集である。この,およそ華

      【Vol.14 August】より 続きを読む


    • 濁ったほうへ

      井垣達吏(京都大学大学院生命科学研究科)

       最近、異分野の研究者が集う会に何度か参加していて、困ったことに気づいた。名札に名前・所属と専門分野を書くのだが、自分の専門分野を何と書くべきか本気で悩んでしまうのである。今こうやって巻頭言を書かせていただいているのに何だが、胸を張って「細胞生物学」と書けるような仕事をしているわけではないし、密かに憧れている「○○○○学」が一瞬頭をよぎるものの憧れの分野名を書いても仕方がない。本当は「細胞間コミュニ

      【Vol.24 July & August】より 続きを読む



    細胞生物学用語

    細胞生物学用語一覧はこちら

    海外研究室だより

    海外研究室だより一覧はこちら
    • 虫をさがしてた~New Jersey United~(Rutgers 大学 Barth Grant研究室)

      佐藤 健(理化学研究所中野生体膜研究室:現群馬大学生体調節研究所細胞構造分野教授)

       ・特定領域研究「メンブレントラフィック」ニュースレターから転載 ラトガース大学(ニュージャージー州立大学)はNewYorkから南に60kmほどのところにあるNewBrunswickという街にあります.この大学は1766年に創設され,全米でも4位ぐらいの学生数を誇るマンモス大学で,明治維新の頃にアメリカではじめて日本人を受け入れた大学だそうです(図1).NewBrunswickはNewYork

      続きを読む


    イベント情報

    イベント情報一覧はこちら

    研究助成・奨励賞・奨学金募集情報

    研究助成・奨励賞・奨学金募集情報一覧はこちら

    「学会推薦」とあるものについては、応募の前にこちらを必ずご確認ください。

    • 第40回猿橋賞

      【主催】:一般社団法人女性科学者に明るい未来をの会
      【締切】:2019年11月30日(必着)
      【応募】:直接応募・学会推薦

    • 2019(令和元)年度 中谷賞候補者推薦募集

      【主催】:公益財団法人 中谷医工計測技術振興財団
      【締切】:2019年6月1日(土)~9月26日(木)
      【応募】:直接応募 学会推薦

    公募・求人情報

    公募・求人情報一覧はこちら

    ※応募の際は、必ず公募機関のホームページ等にて最新の情報をご確認ください。

    抗体情報

    日本細胞生物学会賛助会員