一般社団法人
日本細胞生物学会Japan Society for Cell Biology

細胞生物学会画像1

日本細胞生物学会誌

The web site for "CSF"
-Cell Structure and Function-
published by "JSCB".
-Japan Society for Cell Biology-

第74回日本細胞生物学会大会


【日程】:2022年6月28日(火)~30日(木)
      前日27日(月)に若手の会を開催

【会場】:タワーホール船堀(東京都江戸川区)
【大会長】:今本 尚子(理化学研究所)


News & Topics


巻頭言

巻頭言一覧はこちら
  • 糖鎖の機能は重音の響き?

    古川 清(東京都老人総合研究所・生体情報部門)

      最近テレビで以前から見たいと思っていた「シャコンヌ」という題名で,ヴァイオリニストのギドン・クレメルが音楽を監督した映画を見た。理知的で彫りの深いマスクをもつリシャール・べリが主人公アルマン・ベッケルに扮し,ソリストとして十分な技巧を身につけベートーベンのヴァイオリン協奏曲を弾き喝采を浴びるが,それが自分の音楽でないことに気がつく。自分の昔を追い求めて,リヨンのメトロの音響のよい地下道で風雪に耐

    【Vol.8 January】より 続きを読む


  • 21世紀のサイエンス

    河野 憲二(奈良先端科学技術大学院大学)

      20世紀もいよいよ終わりに近づいてきた。考えてみればこの100年間のサイエンスの進歩たるやすさまじいものだったのではないだろうか。少なくとも新しい概念やら発見やらが指数関数的に伸びてきたことは確かである。5年先にどうなっているかは大体見当がつくけれど,10年先はどうか,と言われれば「わからない」というのが本音であろう。ではこの20年間ではどうだったのであろうか?10年前の87年から現在まではとい

    【Vol.8 November】より 続きを読む



細胞生物学用語

細胞生物学用語一覧はこちら

海外研究室だより

海外研究室だより一覧はこちら
  • スイス・ジュネーブ大学 Howard Riezman研究室

    矢原 夏子(Department of Biochemistry, Science II University of Geneva)

     ・特定領域研究「メンブレントラフィック」ニュースレターから転載 メントラGの皆様、ご無沙汰しております。 海を渡りスイス・ジュネーブで研究生活を送るようになって、早1年半近くが経とうとしています。今回は、現在私が所属するHowardRiezman研とジュネーブでの暮らしぶりを紹介させて頂きたいと思います。Howardは、常にそれまでの常識に縛られない斬新なモデルを提唱し、それがその分野にお

    続きを読む


イベント情報

イベント情報一覧はこちら

研究助成・奨励賞・奨学金募集情報

研究助成・奨励賞・奨学金募集情報一覧はこちら

「学会推薦」とあるものについては、応募の前にこちらを必ずご確認ください。

公募・求人情報

公募・求人情報一覧はこちら

※応募の際は、必ず公募機関のホームページ等にて最新の情報をご確認ください。