一般社団法人
日本細胞生物学会Japan Society for Cell Biology

細胞生物学会画像1

日本細胞生物学会誌

The web site for "CSF"
-Cell Structure and Function-
published by "JSCB".
-Japan Society for Cell Biology-

第71回日本細胞生物学会大会(日本蛋白質科学会合同大会)


第70回大会ポスター

【日程】:2019年6月24日(月)~26日(水)
      前日23日(日)に若手の会を開催

【会場】:神戸国際会議場 等
【大会長】:遠藤斗志也(京都産業大学)
 一般演題投稿受付期間
   2019年2月1日(金)―2月22日(金)
   ※若手最優秀発表賞の受付は2月15日(金)まで
 事前参加登録受付期間
   2019年2月1日(金)―5月15日(水)


●大会前日開催「第5回細胞生物若手の会 第1回蛋白質科学会若手の会 合同交流会


  • 【日時】2019年6月23日(日)12:30~16:30
    【参加&発表登録締め切り】2019年5月15日(水)



  • News & Topics


    巻頭言

    巻頭言一覧はこちら
    • 都立大学生物科学専攻

      久永 貴市(東京都立大学理学研究科)

       6月某日,原稿の催促。この小稿が印刷される頃,世の中はどうなっているであろうか。7月になっても何も起こらないとは思っていながらも,これが日の目を見ないことを祈っている。私の最も苦手とするこの類の原稿が何故か今年は多い。世(紀)も末のせいであろうか。さらけ出す中身の無いことをどうやって胡麻化そうか。 私は2年前に国立大学から公立大学である都立大に移った。都立大の生物科学専攻は,教員(助手を含めて)

      【Vol.10 July】より 続きを読む


    • 団ジーンさんの位相差顕微鏡

      馬渕一誠(東京大学大学院総合文化研究科)

       細胞生物学の発展に最も影響を及ぼしてきた出来事の一つは顕微鏡の開発である。なんといっても細胞や生体高分子を目で見ることは生物学の究極の手法であり、論文の中で良い顕微鏡写真を使うことができればもっとも説得力があり、論文を書くほうにも充実感がある。 顕微鏡開発の歴史の一部は国立科学博物館の日本館の展示で見ることができる。今年、その常設展示に一つの顕微鏡が加わった。それは団ジーン博士、団勝磨博士(いず

      【Vol.29 January - June】より 続きを読む



    細胞生物学用語

    細胞生物学用語一覧はこちら

    海外研究室だより

    海外研究室だより一覧はこちら
    • 合衆国メリーランド州、NIH編(NIH Juan Bonifacino研究室)

      亀高 諭(現 福島県立医科大学・解剖・組織学講座 講師)

       ・特定領域研究「メンブレントラフィック」ニュースレターから転載 メントラのみなさんこんにちは。亀高と申します。私はアメリカ合衆国首都ワシントンDCのお膝元、NIH(NationalInstitutesofHealth)で2003年の春からDr.JuanBonifacino(アルゼンチン出身なので、スペイン語読みでホワン・ボニファシーノと発音します)の元でポストゴルジのタンパク質輸送の調節機構

      続きを読む


    イベント情報

    イベント情報一覧はこちら

    研究助成・奨励賞・奨学金募集情報

    研究助成・奨励賞・奨学金募集情報一覧はこちら

    「学会推薦」とあるものについては、応募の前にこちらを必ずご確認ください。

    公募・求人情報

    公募・求人情報一覧はこちら

    ※応募の際は、必ず公募機関のホームページ等にて最新の情報をご確認ください。

    抗体情報

    日本細胞生物学会賛助会員