一般社団法人
日本細胞生物学会Japan Society for Cell Biology

細胞生物学会画像1

日本細胞生物学会誌

The web site for "CSF"
-Cell Structure and Function-
published by "JSCB".
-Japan Society for Cell Biology-

第71回日本細胞生物学会大会(日本蛋白質科学会合同大会)


第70回大会ポスター

【日程】:2019年6月24日(月)~26日(水)
      前日23日(日)に若手の会を開催

【会場】:神戸国際会議場 等
【大会長】:遠藤斗志也(京都産業大学)
 一般演題投稿受付期間
   2019年2月1日(金)―2月22日(金)
   ※若手最優秀発表賞の受付は2月15日(金)まで
 事前参加登録受付期間
   2019年2月1日(金)―5月15日(水)


●大会前日開催「第5回細胞生物若手の会 第1回蛋白質科学会若手の会 合同交流会


  • 【日時】2019年6月23日(日)12:30~16:30
    【参加&発表登録締め切り】2019年5月15日(水)



  • News & Topics


    巻頭言

    巻頭言一覧はこちら
    • 研究者の感性、もしくは、生物学研究と芸術的センス

      木戸屋浩康(大阪大学微生物病研究所)

       この度、第67回日本細胞生物学会大会にて若手最優秀発表賞という名誉と共に、伝統ある巻頭言への執筆という大変な仕事を仰せ付けられた。賞を勝ち取るために、選考会では並々ならぬ強敵と鎬を削ったわけだが、自分が選考されたのが間違いではないのかと思うほど秀逸な研究成果が報告されていた。だだ広い会場の最前列で同世代の研究者の発表を固唾を呑んで見守っていると、モヤモヤとした嫌な感情が沸き上がる。研究初心者が一度

      【Vol.27 March - April】より 続きを読む


    • 『未来を語る』

      柳田 充弘(京都大・理)

       昨年の正月に、今後数年間は日本の論文、雑文の類は一切書きません、と願をかけた。それ以前に承諾をしていたものはいたしかたなく書いたが、この一年間いちおう禁を破らずにやってきたので、この短文を書くのは気が重い。しかし、日本細胞生物学会には色々不義理を重ねてることだし、学術的なものではなく、その周辺の事なので、願をかけた神様は許してくれるだろうか。日本語の論文を書くことが悪いというのではなく、私には他に

      【Vol.1 April】より 続きを読む



    細胞生物学用語

    細胞生物学用語一覧はこちら

    海外研究室だより

    海外研究室だより一覧はこちら
    • ウィスコンシン便り

      日暮 卓志(Elizabeth Craig研究室, Department of Biochemistry, University of Wisconsin-Madison)

       ・特定領域研究「タンパク質の社会」ニュースレターから転載(2008-10-01掲載) 英会話も覚束ないまま強気に渡米して、当初はアメリカのカルチャーや食べ物の違いに面食らい、相手の話す英語が全く聞き取れず、かつ自分の話す英語のあまりの通じなさに自失呆然としつつも、現在はなんとかサバイバルして滞米5年目を迎え、アメリカ中西部のウィスコンシン州での生活をエンジョイしつつある今日この頃である。日本

      続きを読む


    イベント情報

    イベント情報一覧はこちら

    研究助成・奨励賞・奨学金募集情報

    研究助成・奨励賞・奨学金募集情報一覧はこちら

    「学会推薦」とあるものについては、応募の前にこちらを必ずご確認ください。

    公募・求人情報

    公募・求人情報一覧はこちら

    ※応募の際は、必ず公募機関のホームページ等にて最新の情報をご確認ください。

    抗体情報

    日本細胞生物学会賛助会員