一般社団法人
日本細胞生物学会Japan Society for Cell Biology

Vol.32 January - July (8) 第4回野口英世アフリカ賞

応募方法

直接応募・学会推薦

賞の目的及び概要

感染症の蔓延は人類共通の脅威です。アフリカはこの問題に最も深刻に直面する地域の一つであるとの認識の下、日本国政府は平成18年7月、野口英世アフリカ賞を創設しました。野口英世博士(1876~1928年)の医学の進歩への揺るぎない信念及びアフリカにおける自己犠牲を伴う研究への献身は、現在もなお我々に大きな励みと指針を与え続けています。本賞は、この理念と、特に問題の解決が求められている地域であるアフリカでの感染症等の疾病対策及び公衆衛生推進の観点に立脚し、以下の2つの分野において顕著な功績を挙げた個人又は団体を顕彰し、もってアフリカに住む人々、ひいては人類全体の保健と福祉の向上を図ることを目的としています。

医学研究分野
上記の目的に合致する研究功績を挙げた個人を顕彰します。
医療活動分野
上記の目的に合致する活動功績を挙げた個人又は団体を顕彰します。

1.対象分野

医学研究分野
・基礎医学に関する研究
・臨床医学に関する研究
・医学に密接に関連した生命科学の諸領域の研究
医療活動分野
・現場において展開される疾病対策及び公衆衛生の改善に係る医療/公衆衛生活動

2.候補資格及び募集要件

候補者の国籍・年齢・性別は問いませんが、生存者に限ります。それぞれの分野における募集要件は下記のとおりです。
医学研究分野
原則として1研究テーマにつき1名とします。ただし、共同研究の場合は3名を上限とします。
医療活動分野
団体の場合は、現在活動している団体に限ります。
原則として1名又は1団体とします。ただし、1名以上ないし1団体以上がチームで活動する場合は3名又は3団体を上限とします。

3.推薦受付締切

令和3年8月20日(金)必着とします。

審査基準、推薦方法等詳細な情報につきましては、以下のサイトをご覧ください。
内閣府 大臣官房 企画調整課 野口英世アフリカ賞担当室
URL:https://www.cao.go.jp/noguchisho/index.html

日本細胞生物学会賛助会員