一般社団法人
日本細胞生物学会Japan Society for Cell Biology

Vol.27 March - April (12) 遠山椿吉記念 第5回 食と環境の科学賞

応募方法

直接応募・学会推薦

対象

日本を拠点に活動する個人の研究者または研究グループ

選考条件

原則として最近の業績(調査、研究、技術の開発など)を評価対象とする。
・業績とは、この5年間に関連学会で発表された原著論文、または、それに準ずる活動報告書とする。※論文は利益相反が開示されているもの。
・授賞業績の要旨を両法人発行の広報誌に掲載し、記念講演を行う。記念講演の講演録を発表する権利は、一般財団法人東京顕微鏡院に帰属する。
・既に他の顕彰などの対象となったものは、選考資料として採用しない。
・遠山椿吉賞の応募・受賞は年齢の制限を設けない。
・優秀な研究成果をあげており、これからの可能性が期待できる50歳未満の応募者に対し、研究の更なる発展を奨励することを目的として、山田和江賞を設け、顕彰する。山田和江賞の受賞は将来の遠山椿吉賞の応募・受賞を妨げるものではない。

選考基準

以下の4点で総合評価する。
1.公衆衛生への貢献度
2.研究・技術の独自性
3.技術の普及の可能性
4.社会へのインパクト

応募推薦用紙

ホームページよりダウンロードをお願いします。

申込み

公募によるものとし、関係学会、団体等の推薦または本人の申請による。
所定の応募・推薦用紙に、候補者略歴(受賞歴があれば明記)と業績一覧、原著論文を添付のうえ、期限内に申し込む。

応募期間

平成28年4月1日より6月30日(消印有効)
※選考結果の個別のご案内は行っておりません。

応募と選考の流れ

1.自薦または学識者からの推薦を受けて、所定の用紙に記載のうえ、論文または活動報告書等書類を添付して、事務局宛郵送。
2.選考委員会において選考の上受賞候補者1件を採択し、10月に両法人合同の経営会議の承認を経て受賞者を決定。
3.受賞者は、平成29年2月7日に予定される授賞式に出席し、記念講演を行うこととする。

賞および副賞

遠山椿吉賞本賞:賞状、記念品。副賞として100万円。
山田和江賞:賞状、記念品。副賞として50万円。

日本細胞生物学会賛助会員