一般社団法人
日本細胞生物学会Japan Society for Cell Biology

Vol.26 January - September (21) 平成27年度(第56回)東レ科学技術研究助成

応募方法

学会推薦

1.候補者の対象

国内の研究機関において自らのアイディアで萌芽的研究に従事しており、かつ今後の研究の成果が科学技術の進歩、発展に貢献するところが大きいと考えられる若手研究者(原則として推薦時45才以下)。本助成が重要な研究費と位置づけられ、これにより申請研究が格段に進展すると期待されることが要件。
申請の基となった研究が海外で行われていても差し支えありません。

2.研究助成金

総額1億3千万円。1件3千万円程度まで10件程度とします。

3.推薦者

当会指定の学協会の代表者 >>推薦依頼学協会一覧

4.候補者推薦件数

1学協会から2件以内

5.推薦手続

所定の推薦書用紙に選考に必要な事項を正確に記載し、関係学協会あて1部提出してください。

6.推薦書用紙

ホームページ掲載の推薦書用紙pdfファイルを印刷し、ご使用いただいても結構です。
なお、印刷は黒単色、片面でお願いします。

7.推薦締切期日

各学協会から当会への締切は平成27年10月9日(金)必着ですが、詳細は関係学協会へお問い合わせください。

8.選考方法

下記委員からなる選考委員会において、提出された書類により一次選考を行ったのち面接による二次選考を経て、理事会で決定します。
なお、二次選考は平成27年12月26日(予定)に行います。
選考委員
清水孝雄(委員長)
榊裕之、柴﨑正勝、家泰弘、北村隆行、影山龍一郎、岡眞、中野明彦、松原英一郎
選考結果は平成28年2月下旬に推薦者に通知します。

9.研究助成金の贈呈式

平成28年3月の予定

10.その他

a.この研究助成金は、研究目的を達成するために有効に使用されるものであれば、どのような使途で申請されても結構です。ただし、原則として間接経費、管理経費、共通経費は助成の対象になりません。また、助成金受領決定後、その使途を変更される場合は、事前に当会の承諾を得ていただきます。
助成研究の期間は、特別の事情がない限り助成金受領決定の次年度から3年以内とします。
b.助成金の受領者は、研究終了時まで毎年「助成研究年次報告書」を、また、研究終了時に、「助成研究終了報告書」を提出していただきます。
c.この助成金は、所得税法(第9条第1項第13号ニ)の規定により非課税となっています。

11.推薦書提出先・連絡先

公益財団法人 東レ科学振興会
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町三丁目3番16号(日本橋室町ビル)
TEL:03-6262-1655 FAX:03-6262-1901
URL http://www.toray.co.jp/tsf/

日本細胞生物学会賛助会員