一般社団法人
日本細胞生物学会Japan Society for Cell Biology

Vol.19 April & May (2) 会長就任挨拶

西田 栄介 (京都大学大学院生命科学研究科)

 日本細胞生物学会の会長となる副会長に昨年選出され、本年4月より会長に就任いたしました。細胞生物学会に育てられ、何とか一人前の研究者となることが出来たという思いが私は強いので、その細胞生物学会の会長という大役に責任の重さを痛感しています。記念となる60回大会のポスターに書かれているように、『若手が元気な学会、お互いの顔の見える学会』を細胞生物学会は目指すという今までの目標を踏襲し、さらに徹底していきたいと思っております。60回大会も竹縄大会長の下、若手の活躍ぶりがポスターを見るだけで伝わってくるようです。この方向を推し進めて、若手の総意と工夫で新しいサイエンスが切り開かれていくような大会、そして学会を目指しましょう。お互いの顔の見える、というのは、コミュニケーションの良い、ということでしょうから, 皆さんが色々な機会を捉えて、積極的に発言してくれることを強く望みます。

 私を支えてくれる庶務幹事に入江賢児さんと豊島文子さんというフレッシュなお二人になっていただきました。中野前会長の進めてこられた路線を引き継ぎ、皆さんの声と若いスタッフの感性をもとに、世界の細胞生物学を牽引するような成果が次から次へと本学会から発信されるような学会を目指したいと思います。どうか皆さんの積極的な参加と支援をお願いします。


(2008-06-26)

日本細胞生物学会賛助会員