一般社団法人
日本細胞生物学会Japan Society for Cell Biology

Vol.26 October - December (12) QBiCスプリングコース2016

理化学研究所・生命システム研究センター(QBiC)では、昨年度に引き続き、スプリングコースを開催いたします。昨年度同様、初日の講義に加え、3日間の実習コースを用意しました。これからの生命科学で活躍したい大学生・大学院修士学生の方々の参加をお待ちしています。

主催

理化学研究所 生命システム研究センター

日時

2016年3月7日(月)~10日(木)

場所

[講義]理化学研究所 生命システム研究センター(吹田)
[実習]理化学研究所 生命システム研究センター(吹田・神戸)
     大阪大学生命機能研究科・生命システム棟

参加対象

生命科学研究に関心のある学部生および修士学生

内容

1.講義コース(3月7日(月))
QBiCの研究チームリーダーが講師をつとめるレクチャーコースです。
2.講義+実習コース(3月7日(月)~10日(木))
上記の講義に加え、13テーマから1つを選択し、研究活動を体験していただきます。
(受け入れ人数に限りがございますため、事前に選考を行います)

研究テーマ

1分子計測を体験する / 全反射蛍光顕微鏡を用いた細胞内1分子イメージング解析 / 生物顕微鏡を設計し構築し、観察する / 量子ドットナノプローブによる乳がん腫瘍の生体蛍光イメージング / 多細胞生物の発生動態を4次元顕微鏡で観察し解析する / 超解像顕微鏡を用いた神経細胞・細胞内小器官のライブイメージング / 細胞内を極低温電子顕微鏡で観察する / 発生現象を制御する遺伝子回路の人工的作製と解析 / コンピュータの中に細胞を作り、顕微鏡シミュレーターで観察する / 進化の軌跡を実験室で解析する / 脳を透明化し、全細胞を解析する / 試験管内で遺伝子を発現させる / マイクロ・ナノ微細流路を加工した「マイクロチップ」を作製する

事前登録

右記HPよりご登録ください。http://www.qbic.riken.jp/spring_course2016/

参加費

無料(実習コースに参加される方は旅費、宿泊費を研究所が負担します)

募集人数

120名程度(このうち、実習コースは30名程度)

応募〆切

1.2016年1月7日(木)(講義+実習コース)
2.2016年2月15日(月)(講義コース)

お問い合わせ

理化学研究所 生命システム研究センター(担当:青木)
TEL: 06-6155-0113 FAX: 06-6155-0112
Email: qbic-springcourse@riken.jp
(迷惑メール対策のため、メールアドレスの@は全角文字になっています)

日本細胞生物学会賛助会員