一般社団法人
日本細胞生物学会Japan Society for Cell Biology

Vol.30 August - (1) 山形大学 生命科学分野教員公募

1.職位及び人員

准教授、講師または助教 1名(任期なし)

2.所属

山形大学 学術研究院(理学部主担当)

3.専門分野

生命科学(遺伝学、生化学、分子生物学、細胞生物学、構造生物学など)

4.採用予定年月日

令和2年4月1日以降のできるだけ早い時期

5.職務内容

専門分野と職位に応じた学部・大学院における研究活動および教育・運営(入試業務を含む)。
担当予定科目:基盤共通教育科目(全学共通教育)、生命科学に関する学部・大学院教育科目。

6.応募資格

(1)博士の学位を有する方。
(2)独立した研究室を主宰できる方。
ただし助教で採用された場合は、メンター教員との連携の下で研究・教育活動を実施します。
(3)モデル生物や培養細胞を用いて、生命現象を原子、分子レベルで解き明かす研究を推進出来る方。
(4)令和2年4月1日時点において、35歳未満である方。
※長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、上記年齢の範囲で募集する。
(雇用対策法施行規則第1条の3第1項3号のイ)

7.審査方法

書類選考後、面接を行います(旅費の支給はありません)。

8.応募書類

以下の(1)~(7)の印刷物、ならびに(1)~(7)の書類をPDFファイルにまとめ、USBまたはDVDに記録したものを郵送すること。ただし(2)の候補者データシートはエクセルファイルも提出すること。国外在住者が応募する場合は、パスワードで保護した電子データをE-mailで提出してもよい(容量が大きくなる場合は、複数のファイルに分割して送ること)。E-mailで応募書類を送信する場合は、送信後、2勤務日以内に受領確認メールが届かない場合は問い合わせ先まで連絡してください。
(1)履歴書(様式をダウンロードして記入)
http://www.sci.yamagata-u.ac.jp/recruit/
(2)生命科学分野候補者データシート(様式をダウンロードして記入)
http://www.sci.yamagata-u.ac.jp/recruit/
(3)研究業績目録(様式自由:ただし下記の項目に分類のこと)
(a)原著論文(査読有り、公表が受理されたもののみ記載すること。また引用回数を明記すること)、(b)総説・解説(引用回数を明記すること)、(c)著書、(d)特許(出願・登録、国内・国際の区分を明記すること)、(e)招待講演(国際会議、国内会議を明記すること)、(f)競争的研究資金・助成の獲得(代表、分担を区別し、研究費の総額を記載すること)、(g)受賞歴、(h)その他(社会貢献等)
(4)主要論文(10編以内、ただし助教で応募する場合は5編以内)のPDFファイルおよび、各論文について200字程度の概要
(5)これまでの研究概要および着任後の研究計画(A4紙3枚以内)
(6)これまでの教育経験と教育についての抱負(A4紙2枚以内)
(7)応募者について照会可能な方2名の氏名と連絡先

9.応募締め切り

令和元年11月6日(水)必着

10.応募書類の提出先

〒990-8560 山形市小白川町一丁目4番12号
山形大学小白川キャンパス事務部
総務課総務担当(理学部)
※封筒の表に「生命科学分野応募書類在中」と朱書し簡易書留で送付してください。

11.問い合せ先

教員候補者選考委員会委員長 並河英紀
E-mail: nabika@sci.kj.yamagata-u.ac.jp

12.その他

(1)研究活動を行うに当たり、理学部が所有する共通実験機器を使用することが可能です。
(2)山形大学は、男女共同参画社会基本法の趣旨に則り、女性の積極的な応募を歓迎します。
(3)研究業績の評価に関しては、出産・育児介護等で研究活動を休止した期間(ブランク期間)の影響を考慮します。ブランク期間がある場合は、研究業績一覧の最後に記載してください。
(4)応募書類は返却致しません。この情報は本選考以外の用途には使用致しません。
(5)選考の過程で別途、推薦書等の書類の提出をお願いすることがあります。
(6)子育てや介護に携わっている研究者に対する支援制度や女性研究者支援についての問い合せ先
山形大学男女共同参画推進室 E-mail: y-danjo@jm.kj.yamagata-u.ac.jp

日本細胞生物学会賛助会員