一般社団法人
日本細胞生物学会Japan Society for Cell Biology

Vol.30 January - March (8) 広島大学大学院医歯薬保健学研究科・解剖学及び発生生物学 助教公募

拝啓 時下ますます御清祥のこととお慶び申し上げます。
広島大学は、知を創造する世界トップ100の総合研究大学となることを目標に、卓越した研究拠点の形成・展開に力を入れて取り組んでおり、2013年度には「研究大学強化促進事業」、2014年度には文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」(トップ型)に採択されております。
このたび本研究科では、解剖学及び発生生物学研究室(教授:池上浩司)の助教を公募することとなりました。当該研究室では細胞生物学(各種イメージング、細胞培養系、組織培養系)、分子生物学(ゲノム編集、各種遺伝子操作)、生化学(プロテオミクス、抗体操作、タンパク質操作)、発生生物学(ニワトリ胚操作)など幅広い技術を用いて分子、細胞、組織、器官、個体と多階層にまたがる解剖学及び発生生物学研究を行っています。特に繊毛・鞭毛、神経突起など細胞骨格に富む微細構造や細胞間・組織間コミュニケーションによる形態機能制御に関する研究に注力しています。このような研究を強化発展させることを目的として、研究室の他のメンバーと協力して主体的に研究を遂行できる、解剖学、細胞生物学、組織学、分子生物学、発生生物学のいずれかの研究を行っており、特に顕微鏡技術やイメージング技術に詳しい方を求めます。
つきましては、関係者各位へ周知いただくとともに、適任者の推薦及び応募についてよろしくお取り計らい願います。

広島大学大学院医歯薬保健学研究科長 大段秀樹

下記サイトの情報もご参照ください。
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=4&id=D119021284&ln_jor=0&fbclid=IwAR1XW9r7rlgfn0sUOkQ48-LVDwmMk9K83OaC8eEUjVWfBqysEeCTqoj519s

1.所属(配属)

広島大学学術院(大学院医歯薬保健学研究科)

2.職名・人員

助教 1名

3.採用予定年月日

2019年7月1日以降のできるだけ早い時期

4.任期又は有期雇用契約期間(テニュア・トラック期間)

5年
広島大学のテニュア・トラック制に関する規則に基づき、テニュア・トラック期間が満了する6ヶ月前までにテニュア審査を行い、これに合格すればテニュアを付与します。
※研究開発力強化法第15条の2の適用を受けるため、労働契約法第18条第1項に規定する無期転換申込権発生までの期間は10年となります。

5.専門分野

解剖学、細胞生物学、発生生物学

6.担当科目

学部(教養教育科目及び専門教育科目):解剖学に関する講義・実習(人間理解のための人体解剖学、系統解剖学、発生学、人体解剖学実習 等)、医学研究実習、医療行動学 等の一部
大学院(修士課程):解剖学に関する講義・実習(人体の構造、人体解剖学実習、組織学実習 等)、医歯科学演習、医歯科学特別研究 等の一部
大学院(博士課程):解剖学及び発生生物学特別演習、解剖学及び発生生物学特別実験 等の一部
この他、MD-PhD コース、教養教育科目や他の学部・大学院の専門教育科目、全学事業も担当することがあります。

7.応募資格

次の要件をすべて満たす者
(1)博士の学位(外国において授与されたこれに相当する学位を含む。)を有すること。
(2)大学院における研究指導・論文指導ができること。
(3)英語による授業・研究指導ができること。

8.応募書類

(1)推薦書…様式任意
(2)履歴書…Form 1
(3)業績目録…Form 2
(4)主要業績要旨…Form 3
(5)研究の実績と今後の抱負…Form 4
(6)教育の実績と今後の抱負…Form 5
(7)論文別刷(主要業績3編の別刷)…各2部(コピー可)
※応募書類の様式は、以下のURLからダウンロードし、日本語又は英語で作成してください。
https://www.hiroshima-u.ac.jp/employment/kyoinkobo/bhs

9.応募期限

2019年3月22日(金)17:00必着【日本標準時】

10.応募書類送付先

〒734-8553 広島市南区霞一丁目2番3号
広島大学霞地区運営支援部総務グループ(人事担当)
E-mail: kasumi-jinji[at]office.hiroshima-u.ac.jp
※[at]は@に置き換えてください。
※応募書類は、書留又は簡易書留で郵送し、封筒の表に「解剖学及び発生生物学助教応募書類在中」と朱書きしてください。
※応募書類のうち、履歴書(Form 1)、業績目録(Form 2)は、電子媒体(CD-R、USBメモリ等)に保存のうえ、併せて提出してください。
※応募書類及び電子媒体は返却いたしませんので、ご了承ください。

11.選考方法

(1)書類審査
(2)書類審査通過者に対して、必要に応じて面接を行うため、来学を願うことがあります。面接を行う場合は、原則として英語による模擬授業を行います。
ただし、交通費等は支給できませんので、あらかじめ御了承ください。なお、面接を行う場合は、その形式について、別途連絡します。
(3)広島大学は、男女共同参画を推進しています。本学は、「男女共同参画社会基本法」の趣旨に則り、業績(研究業績、教育業績、社会貢献等)及び人物の評価において同等と認められた場合は女性を採用します。

12.勤務形態

(1)勤務時間 8:30~17:15(月~金)、休憩時間12:00~13:00
専門業務型裁量労働制の適用に同意した場合は、1日7時間45分、1週間38時間45分働いたものとみなされます。
(2)勤務日 原則として月曜日から金曜日(祝日を除く。)
(3)休日 原則として土曜、日曜、祝日

13.給与等

(1)採用となった方には、月給制が適用されます。(広島大学職員給与規則適用)
【国、独立行政法人、地方公共団体又は国家公務員退職手当法に定める公庫等を退職後、引き続いて本学に採用される場合は、退職手当の算定の基礎となる在職期間は通算されません。法人化前の取扱いとは異なりますのでご注意ください。
なお、他の国立大学法人又は独立行政法人国立高等専門学校機構等を退職後引き続いて本学に採用される場合は、現所属機関に同様の定めがある場合に限り通算されます。】
(2)採用となった方には、本学の規則に基づき、採用に伴う旅費を支給できる場合がありますのでお問い合わせ下さい。

14.評価

本学の教員には、採用以降の業務実績について個人評価を行い、その結果を点数化し、処遇へ反映します。
詳細については、下記担当までお問い合わせください。

15.募集者名

国立大学法人広島大学

16.その他

(1)試用期間:あり(6月間)(広島大学職員就業規則)
(2)応募書類により取得する個人情報は、採用者の選考及び採用後の人事・給与・福祉関係に必要な手続に利用するものであり、この目的以外で利用又は提供することはありません。
(3)広島大学では全ての大学教員は「学術院」に所属し、学部、研究科、研究所などの教育研究組織に配属されます。教員は配属された教育研究組織の教育・研究に従事することになりますが、教養教育科目や他の教育研究組織の教育・研究、全学事業を担当することもあります。また、本学では、医歯薬学全般の解剖学に関する教育研究を支援する解剖学教育研究センターを設置しております。今回募集する助教には、その業務にも携わって頂きます。
(4)本学は、世界ランキングトップ100に向けた本学の中長期的な成長を目指し、優れた研究人材の確保・育成を図るとともに、教員の年齢別構成の改善を図るため特に若手教員、女性教員及び外国人教員等の活躍の場を全学的に拡大し、教育研究を活性化していく予定です。
このことを踏まえ、今回の公募は若手研究者の応募を希望します。

17.問い合わせ先

広島大学大学院医歯薬保健学研究科 教授 池上 浩司
TEL: 082-257-5110
E-mail: k-ikegami[at]hiroshima-u.ac.jp
※[at]は@に置き換えてください。

日本細胞生物学会賛助会員