一般社団法人
日本細胞生物学会Japan Society for Cell Biology

Vol.27 May - September (6) 国立大学法人東京医科歯科大学 細胞生物学分野(旧解剖学第一講座) 助教公募

1.職名

助教

2.人数

1名

3.採用予定日

平成28年9月1日以降(応相談)

4.採用条件

雇用形態:常勤職員(裁量労働制)
任期:3年(業績審査により再任可)
給与:年俸制
勤務地:〒113-8519 東京都文京区湯島1-5-45
    国立大学法人東京医科歯科大学 M&Dタワー18階南西 細胞生物学分野
    (JR御茶ノ水駅・東京メトロ御茶ノ水駅から徒歩1分)
    ※学内保育施設、学内フィットネスルーム、世帯用宿舎あり

5.応募資格

博士号取得ないし見込みで、下記の研究・教育に興味を持つ方

6.研究

細胞生物学分野では、光遺伝学ツールの作成及びそれを用いた細胞内シグナリングの研究を行っています。この技術と、これまでの研究で自分の中に築いてきた方法、アイデアを組み合わせることで、新しい生命科学の方向を指し示すような高い志を持った方を求めています。現在当分野のスタッフには、教授の他、Mouse Molecular Geneticsの専門家と、興奮細胞の発生分化再生の専門家がおります。光遺伝学と創薬、モデル生物、酵素学、細胞の電気生理学、生物物理、合成生物学など様々な組み合わせの可能性が考えられますが、あえてそれを限定するものではありません。新しい学問分野の開拓へ意欲的に取り組み、ステップアップを目標とする人材を募集いたします。道なき道を共に時間をかけて進んでいきましょう。

7.教育

医学部医学科2年の組織学実習を担当してもらいます。

8.提出書類(A4版)

(1)履歴書(様式任意)
氏名、年齢、性別、住所、電話番号、メールアドレス、写真、学歴(高校卒業以降)、職歴
(2)研究業績リスト(様式任意)
原著論文(英文・和文・査読の有無 ※主要論文(3つ以内)には◎を記してください)、総説・解説、著書、学会発表(国内・国外を明記)
(3)主要論文別刷り3編以内(コピー可)
(4)上記論文についてそれぞれ400字程度の解説文
(5)競争的研究経費等の採択状況(代表・分担を明記)
(6)研究者になった経緯、これまでの仕事内容、教育経験等について(2000字以内)
(7)今後の研究計画と研究・教育に対する抱負(2000字以内)
(8)候補者に関して問い合わせのできる方2名の氏名と連絡先

9.提出部数

上記書類について5部(編綴は順番通りとする)

10.応募締切日

平成28年6月30日(木曜日)必着

11.書類の提出先

〒113-8519 東京都文京区湯島1-5-45
国立大学法人東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 細胞生物学分野
※封筒に「細胞生物学分野教員公募書類在中」と朱書きし簡易書留でご提出ください。

12.選考方法

書類選考後、通過者には面接(口頭発表形式)の日程についてご連絡いたします。
応募書類は返却いたしませんが、情報の漏えい等が無いよう責任を持って処分致しますので、ご了承ください。
本学では女性研究者支援を推進しており、女性研究者の積極的な応募を期待します。
また、外国人研究者、外国で学位を取得した研究者、外国において教育研究に携わった研究者等の応募を歓迎します。

13.間い合わせ先

細胞生物学分野教授 中田隆夫
メールアドレス:info.cbio@tmd.ac.jp

日本細胞生物学会賛助会員