一般社団法人
日本細胞生物学会Japan Society for Cell Biology

Vol.26 January - September (2) 理化学研究所 光量子工学研究領域 エクストリームフォトニクス研究グループ 生細胞超解像イメージング研究チーム(チームリーダー:中野 明彦) 特別研究員または研究員の募集

研究室の概要

当チームは、超解像顕微鏡技術を開発し、それを利用して生細胞内の緻密な生命活動を理解するために、平成27年4月より新規に発足します。これまでライブセル分子イメージング研究チームで開発してきた超解像共焦点ライブイメージング顕微鏡(SCLIM)技術をさらに進化させ、生細胞内のタンパク質や膜系の「動き」を、回折限界を超える4次元の空間で詳細に観察、計測して、膜交通(小胞輸送)の分子機構を解明し、細胞生物学における新たなパラダイムの確立を目指します。

職種及び人数

特別研究員または研究員、1名
(光量子工学研究領域では、博士号取得5年未満の者を特別研究員、5年以上の者を研究員として採用しています)

職務内容

超解像ライブイメージング研究

応募資格

上記職務に関連する研究の経験と実績を有し、博士の学位を有する者(見込みも含む)。とくに共焦点レーザー顕微鏡を用いた研究、出芽酵母を用いた研究の経験のある方を歓迎します。

勤務地

埼玉県和光市広沢2-1

待遇

単年度契約の任期制職員で、評価により平成30年3月31日まで再契約可能。
給与は、経験、能力、実績に応じた年俸制で、通勤手当、住宅手当の支給有り。社会保険の適用有り。
理研共済会(互助組織)に要入会。
休日は、土日、祝日、年末年始(12/29-1/3)、当研究所設立記念日。
その他、当研究所規程による。

※理化学研究所は、女性も男性も1人1人が能力を発揮できるよう様々な取組を行い、男女共同参画を推進しています。
※日本学生支援機構奨学金(平成15年度までに大学院第一種奨学生に採用されている場合)の返還特別免除の対象、科学研究費補助金の申請資格有り

提出書類

原則として電子ファイル(WordかPDF形式)をCD/DVDに保存して提出。紙媒体で提出する必要はありません。
・履歴書
・研究業績一覧および主要論文別刷各1部(3編以内、コピー可)
・これまでの研究業績の概要と採用後の抱負(A4用紙2枚以下)
・応募者をよく知る方からの推薦書2通
(現職の所属長から推薦書をもらうのが困難な場合は、第3者による推薦書)

締切日

平成27年2月27日(金)必着

個人情報の取扱について

提出していただいた書類は、独立行政法人理化学研究所個人情報保護規程に則り厳重に管理し、採用審査の用途に限り使用されます。
これらの個人情報は正当な理由なく第三者への開示、譲渡及び貸与することは一切ありません。

選考方法

書類審査および面接

着任時期

平成27年4月1日以降のできるだけ早い時期

問合せ先・書類送付先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1
理化学研究所 光量子光学研究領域 ライブセル分子イメージング研究チーム
中野明彦
Email: nakano[at]riken.jp ※[at]は@に置き換えてください。
Tel: 048-467-9547
書類は、電子メール添付か、封筒に「研究員応募書類在中」と朱書きして、簡易書留あるいは書留で送付のこと。申し出のない限りCD/DVDは返却致しません。

日本細胞生物学会賛助会員