一般社団法人
日本細胞生物学会Japan Society for Cell Biology

新着細胞生物学用語集(オートファジー関連)

隔離膜
【isolation membrane 】
田端 桂介
大阪大学大学院医学系研究科遺伝学教室
お問合せ
隔離膜とは、オートファゴソーム形成前に出来てくる扁平な膜構造体のことである。 Atg5-Atg12-Atg16L複合体が隔離膜上に局在するが、閉じた構造のオートファゴソームになると複合体は解離する。そのためAtg5-Atg12-Atg16L複合体は隔離膜のマーカータンパク質として顕微鏡観察で使用される。隔離膜形成については参考文献中にあるように、小胞体(ER)と一部が連結している様子が観察されている。
参考文献
Hayashi-Nishimo M et al., Nature Cell Biol. 11, 1433-1437, 2009

細胞生物学用語集

  • 株式会社医学生物学研究所
  • MHCテトラマー4品目およびCTL誘導ペプチド4品目 新発売 www.mbl.co.jp

日本細胞生物学会賛助会員